いぬふぁVILLA 利用規約

「いぬふぁVILLA」(以下、当ヴィラとする)をご利用になる場合は、以下の利用規約(以下、本規約とする)をご理解いただいた上、本規約の条件に同意をされなければ、ご利用いただけませんのでご了承下さい。
お申込みの場合は、本規約の内容を承諾いただいたものとみなします。
「いぬふぁVILLA」管理者(以下、当管理者とする)は、本規約の内容を必要に応じて変更する事があります。
ご利用の際には、最新のサイトにて利用規約をご確認下さい。

適用範囲

①当ヴィラがお客様との間で締結する宿泊契約及びこれに関する契約は、この本規約の定めるところによるものとし、本規約に定めのない事項については、法令又は一般に確立された慣習によるものとします。

宿泊予約の申し込み

①当ヴィラのご利用のお申し込みをなさる方は、次の事項を当ヴィラにお申し出いただきます。

  • 利用者名及び人数
  • ご利用日及び到着予定時刻
  • 申込者名及びその連絡先
  • ご利用料金の支払者及び連絡先
  • その他ヴィラが必要と認める事項

②お客様が、ご利用中に予約日数を超えてご利用の継続を希望した場合、当ヴィラの予約状況により延泊が可能な限り、新たにご利用予約の申し込みが必要となります。

申し込み金のお支払

①ご利用予約のお申込み日から起算して1週間以内に、ご利用料金を当ヴィラが指定する方法にてお支払いをお願い致します。支払方法はクレジットカード決済のみとなります。なお、振込手数料はお客様のご負担となります。

②申し込み金はキャンセル料に次いで賠償金(施設・備品損害など)の順序で充当し、差額を返金致します。なお、振込手数料はお客様のご負担となります。

ご利用契約の成立

①ご利用契約は、申し込み金のお支払いが確認された時点をもって成立するものとします。

②申し込み金を、お申込み日から起算して1週間以内に定める期日までにお支払いの確認ができない場合、ご利用予約はなかったものとして取り扱いします。

③ご利用契約が成立した場合、その後のご利用日の変更には応じかねます。なお、お客様の都合によりご利用日を変更する場合には、一度ご利用契約を解除したうえで、新たにご利用予約のお申し込みをお願い致します。

当ヴィラの使用時間

①当ヴィラを使用できる時間は、午後3時から翌日午前10時までとなります。ただし、連泊の場合は到着日及び、出発日を除き終日使用することができます。
なお、当ヴィラを使用できる午後3時以降となっていても、当ヴィラの整備などにより、やむを得ずお待ちいただくことがあります。

②チェックアウト時間は午前10時となっており、ご利用時間の延長は行っておりません。万が一、チェックアウト時間を過ぎた場合は、遅延金として1時間/¥10,000を別途ご請求致します。予めご了承下さい。

③チェックアウト時間を過ぎると、当管理者が清掃のため入室する場合があります。

キャンセルについて

①ご予約のキャンセル料は以下の通りとなります。お支払後のキャンセルは、下記キャンセル料に従い、振込手数料を除いた額を返金致します。

  • ご利用予定の30日前~15日前
    ご利用金額の30%
  • ご利用予定の14日前~8日前
    ご利用金額の50%
  • ご利用予定の7日前~2日前
    ご利用金額の80%
  • ご利用予定の前日
    ご利用金額の100%
  • ご利用日当日・不着
    ご利用金額の100%

ご予約キャンセルの場合、ご利用料金の返金のためにかかる振込手数料はお客様の負担となります。
(申し込みの際にお預かりしたご利用料金から振込手数料を差し引き、お客様指定の口座へご返金いたします)

ご利用契約締結の拒否・宿泊等ご利用締結の拒否

①当ヴィラは次に揚げる場合において、利用契約の締結に応じかねます。

(1)ご利用のお申し込みが、当ヴィラの規約によらないとき。

(2)ご利用をしようとする者が当ヴィラの利用に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をする恐れがあると認められるとき。

(3)ご利用しようとする者に次の事由に該当するものがいるとき。

  • 「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」(平成3年法律第77号)による指定暴力団及び指定暴力団員等又はその関係者、その他反社会的勢力(以下「暴力団等」という)
  • 暴力団等が事業活動を支配する法人、その他の団体又はその構成員
  • 暴力団等に該当するものが役員となっている法人又はその構成員

(4)ご利用者が当ヴィラ・当管理者に対し、暴力、脅迫、威圧的な不当要求を行い、或いは合理的範囲を超える負担を要求したとき、またはかつて同様な行為を行ったと認められるとき。

(5)言動が高圧的で威圧する方、クレーマーの方、当ヴィラ・当管理者が恐怖を感じたとき。

(6)ご利用をしようとする者が伝染病であると明らかに認められるとき。

(7)泥酔等により他の方に迷惑や危険を及ぼす恐れがあると認められたとき。または他の方に著しく迷惑を及ぼす言動があると認められたとき。(沖縄県旅館業法施行条例第5条)

(8)天災・自然災害・火災・停電・落雷・断水・交通遮断、その他危険等があると認められたとき。

(9)施設・設備の故障、保守の必要上、その他やむ得ない事由によりご利用させることができないとき。

(10)その他、不測の事態や当管理者が利用の中断を必要と判断したとき。

(11)本規約に違反したとき。

(12)満室・満員により客室の提供ができないと判断したとき。

ご利用客の契約解除権

①ご利用者は、当ヴィラに申し出て、利用契約を解除することができます。

②当ヴィラは、ご利用者がその責めに帰すべき事由により、利用契約の全部または一部を解除した場合、当ヴィラの本規約に沿ってキャンセル料を申し受けます。

③当ヴィラは、ご利用者が連絡をせずご利用日当日になっても当ヴィラに到着しないときは、その利用契約はご利用者により解除されたものとみなし処理することができます。なお、キャンセル料は、当ヴィラの利用規約に沿って申し受けます。

ご利用者の自己責任・損害賠償

①ご利用者が当ヴィラの利用にともない自ら行った行為は、過失の有無を問わず、ご利用者自身が責任を全て負うものとします。

②当ヴィラのご利用にともない第三者に損害を与えた場合、自己の責任において解決するものとします。この際、当ヴィラ及び当管理者が被った被害については賠償を請求できるものとします。

③ご利用者が本規約に違反した場合や、ご利用者の故意または過失によって当ヴィラまたは当管理者が被害を被った時は、当該利用者は当管理者に対し、その損害を賠償していただきます。

④当ヴィラにはセーフティーボックスを設置しておりません。貴重品など持ち物の管理を自己責任のもとで行っていただきますようお願いします。なお、万が一、紛失や何らかのトラブルが発生した場合、当ヴィラ・当管理者は一切の責任を負わないものとします。

当ヴィラの解除権・変更・中断

①当ヴィラは、次に揚げる場合において、ご利用契約を解除・変更・中断することがあります。

(1)ご利用者が利用に関し、法令の規定、公の秩序若しくは最善の風俗に反するおそれがあると認められるとき、または同行為をしたと認められるとき。

(2)本規約及びこれに関連する契約の申し込みをなさる方または、当ヴィラをご利用される方に次の事由に該当する者がいるとき。

  • 暴力団等
  • 暴力団等が事業活動を支配する法人その他の団体または、その構成員
  • 暴力団等に該当する者が役員となっている法人または、その構成員

(3)ご利用者が伝染病者であることが明らかに認めれれるとき。

(4)ご利用に関し合理的な範囲を超える負担を求められたとき。

(5)泥酔等により、他の利用者や近隣住民に迷惑を及ぼす恐れがあると認められるとき。あるいや、ご利用者が他の利用者や近隣住民に著しく迷惑を及ぼす言動をしたとき。(沖縄県旅館業法施行条例第5条)

(6)当ヴィラ敷地内での喫煙、消防用設備等に対するいたずら、その他当ヴィラが定める本規約の禁止事項に従わないとき。

(7)当ヴィラ・当管理者は、次のいずれかの事由が生じた場合には、事前に通知することなく、ご利用を中断、変更することがあります。

*天災・自然災害・火災・停電・落雷・断水・交通遮断・その他危険などがあると認められるとき。

*施設・設備の故障・保守の必要上・その他やむ得ない事由により利用が不可能なときや予測されるとき。

*その他、不測の事態や当管理者が利用の中断を必要と判断した場合。

※当ヴィラ・当管理者は、解除、変更、中断によりご利用者が被った被害について、一切の責任を負わないものとします。

通知

①ご利用者への連絡は原則としてメールの使用となります。
また、その通知は当管理者のメールサーバーから発信されたことをもって通知したものとみなします。
ご利用者のメール環境の不備や伝達経路の不備により配信されない場合、当管理者は一切の責任を負わないものとします。
なお、当管理者が緊急と認めた場合、登録していただいた電話番号に連絡をする場合があります。

②お問い合わせやキャンセルなどのご連絡等のやり取りは、トラブル回避と安全性を考え、メールのみの対応とさせていただきます。

③台風や悪天候などの自然災害により修理等の為、宿泊日当日・宿泊前後日にプール・水道・電気・Wifi等の設備が使えなくなる場合がございます。ご了承下さい。

その他注意事項

①当ヴィラのプールは水深1m10cmとなっております。お子様だけでのプールでの遊泳及び、プール周辺での遊戯等は禁止となります。プールでの遊泳及び、プール周辺での遊戯の際は、必ず大人が付き添いのもとで御利用下さい。
なお、当プール・当ヴィラ内での事故について、大人・子供に関係なく当ヴィラ・当管理者は一切の責任を負わないものとします。

②プールサイドでは走らないようにお願いします。 *プールサイドは濡れており転倒の恐れがあります。

③お子様の単独行動はご遠慮ください。

④プール内への物の投げ込みや落下物の放置があった場合、明らかに故意的と判断した場合は清掃代として相当額を請求させて頂きます。

⑤当ヴィラは自然に囲まれているため施設内及び、室内に虫や害虫が侵入、発生する事があります。予めご了承ください。

⑥台風やその他天災、災害や事件等、不測の事態で当ヴィラ使用不可となった場合は、当ヴィラを閉鎖する場合があります。この場合、キャンセル対象とは致しません。支払済みのご利用料金は全額返金致します。

⑦チェックイン後は、ご利用予定日数が残った場合のキャンセルにおいても、お支払をいただいたご利用料金は返金致しかねますのでご了承下さい。

⑧ご利用者の退出後、電気・水道等に異常消費が認められた場合は、実費を全額ご負担いただく場合がございます。

⑨ゴミ箱内に入っているものは、全て処分致します。

⑩室内に残された食品・飲み物・お菓子・調味料などは清掃時にすべて処分させていただきます。

⑪当ヴィラ内にて発見した忘れ物・遺失物については、1週間の保管の後、処分させて頂きますのでご了承下さい。

⑫当施設の建造物・設備・備品その他の物品の破損、汚損、紛失があった場合は、相当額を弁済して頂きます。

持ち込み禁止について

①火薬、爆薬、ガソリン、灯油、揮発油類、危険性のある薬品、毒性ガス、その他の危険物等。

②麻薬、非合法薬物またはそれに類するもの。

③腐敗物、不潔物、その他湿気、悪臭、異臭、臭気等を発するもの。

④動物(ペット及び野生動物等)

⑤適法に所持を許可されていない銃砲、刀剣類。その他、法令で所持を禁じられている物等。

⑥音楽器機、カラオケ等、大音量を発生させるもの。

⑦上記記載の他、当ヴィラ・当管理者、近隣住民に損害を与えるもの及び、損害を与える恐れのあるもの。

禁止事項

  1. ご利用予定日、予定時間、予定人数、予定者以外の利用。
  2. ご利用予定日後の居残り、占拠。
  3. 未成年のみでの利用。
  4. 当ヴィラ、敷地内での賭博及び風紀を乱すような行為。
  5. 犯罪的行為、または犯罪的行為に結び付く行為、もしくはその恐れのある行為。法令に違反するまたは、公序良俗に反する行為または、恐れのある行為。
  6. 反社会的なご利用・第三者もしくは当ヴィラ・当管理者の著作権、財産権、プライバシーまたは、その他の権利を侵害する行為及び、侵害する恐れのある行為。
  7. 上記記載の他、第三者もしくは当ヴィラ・当管理者に不利益または、損害を与える行為及び、与える恐れのある行為。
  8. 保養目的以外での利用。(セミナー、研修、懇親会、飲み会等)
  9. その他、当管理者が不適切と判断する行為。
  10. 近隣住民を含む他人に嫌悪感を与えたり、迷惑を及ぼす様な行為。(大きな声での会話等の喧騒な行為、施設周辺のゴミ等の放置による汚損等)
  11. 炭火・バーベキュー・焚火・花火など火気の利用の禁止。
  12. 当施設内外及び近隣周辺での火気使用の禁止。
  13. 施設内は全て禁煙となっております。施設外での喫煙は持参の吸い殻入れ等を利用し、火元の不始末による火災の防止や、吸い殻の散乱による周辺道路等の汚損防止にご協力をお願い致します。
  14. 当施設内での髪染め、脱毛、漂白剤等の使用の禁止。
  15. 魚を捌いたり、処理をすることの禁止。(生臭い匂いがとれないため)
  16. 危険な場所や当施設・敷地以外への立ち入り。
  17. 草木類の伐採・採取などの禁止。
  18. 施設の外での洗剤の使用、油などの洗浄による汚水の流出は条例により禁止。
  19. 野生動物への餌やり。(残り物の処分等)
  20. 設備、備品等の施設外への持ち出し利用。
  21. 当ヴィラの現状を変更するような施設及び備品の造作、加工。
  22. 所持品、物品等の放置。
  23. 施設内外を汚すような行為や落書きの禁止

当ヴィラ・当管理者の免責

①当ヴィラがご利用できない等、いかなる場合も損害賠償金、保障金はお支払できません。

②当ヴィラ敷地内・駐車場・管理区画での全ての事故、盗難、紛失、破損、汚損等のトラブルについて、当ヴィラ・当管理者は一切の責任を負いません。

③天災または不可抗力等による事故、ご利用者の不注意で引き起こした全ての事故、本規約に従わない為に起こった事故に関し、当ヴィラ・当管理者は一切の責任を負いません。

④当管理者が必要と判断した場合には、皆様に通知をすることなく、いつでもサービスの利用に関する諸規定を改定することができるものとします。なお、変更後の規約の効力発生時期は、当管理者が本サイト上に掲載した時点とします。

⑤当ヴィラ・当管理者は解除・中断・変更によりご利用者が被った損害について、一切の責任を負わないものとします。

協議事項

①本規約に定めがない事項または、この規約事項に解釈上疑義を生じた事項については、民法その他関係法規及び慣行に従い、双方誠意をもって協議、解決するものとする。

訴訟管轄

①本規約、当ヴィラ・当管理者等とご利用者との間で訴訟の必要が生じたときは、那覇地方裁判所を管轄裁判所と定めるものとする。